Menu

マイナンバー副業対策相談窓口

Home

副業がバレる前にマイナンバー副業対策相談窓口へ

マイナンバー副業対策はお任せください。

悩む男性

巷ではマイナンバー制によって、サラリーマンの副業が会社に全てバレてしまうという情報が出てきています。 でも、多くの副業者の方々は「じゃあ副業や~めた!」と簡単にやめるわけにいかないのが現実ではないでしょうか?

例えば、実家が資産家で、家業から役員報酬等が出ていたり、休日や就業時間以外の時間にアルバイトをしていたり、趣味の延長でインターネットビジネスをしていたりと、様々な副業の例があります。
そんな副業を行っている方々の中には、実は在職中の会社が副業禁止であり、そういった会社で働いている方の場合には、会社に副業がバレて処分されるんではないかと不安になっている方が少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

マイナンバー制度の目的

マイナンバー

では、そもそもなぜマイナンバー制度によって、副業が会社にバレる可能性があるのでしょうか?
マイナンバー制度導入の目的は、税と社会保険の一体化にあります。

1人に1つの番号が配布されて、その情報をもとに、税金・社会保険の情報が1本化されるということです。
では、この制度導入による副業への影響について考えてみましょう。

マイナンバー制度導入による副業への影響

女性

サラリーマンの場合、通常、年末調整をして所得税の計算や支払いや還付を行います。それとともに住民税という税金もあるわけですが、これはサラリーマンの場合には会社の給与から天引きして納付を行います。 これは特別徴収といいます。
住民税には給与所得以外に副業もあればその部分についての税金も含まれることになります。会社としては支払っている給与は把握しているわけですから、この住民税の金額が給与と比較して矛盾するような高額な税金額となっていれば、そのことをきっかけに、副業をしているのではないかと疑問に感じることもあるかと思います。

副業の所得が大きいほど住民税の矛盾も大きくなってきますので、より発覚しやすいと言えます。このことが副業をしている人にとってはやっかいに感じるところということですね。

副業を会社に知られたくない

考える男性

前途で述べたように、住民税の金額が給与と比較して矛盾するような高額な税金額になっていると副業を疑われ発覚しやすくなります。
しかし、副業を会社に知られたくない!
そんな時、どのようにしたら本業以外に収入があることを会社に知られずに済むのでしょうか?

それには、確定申告書の書き方にテクニックが要ります。
また、その方法をより確実にするために後一手間掛けることも有効な手立てといえます。このテクニックについて具体的に知りたい方は、弊社までお問い合わせください。